自身の自動車も保障してくれる?修理代が欲しいなら車両保険込みの自動車保険!

自動車保険で修理代を得るためには

自動車で事故にあった場合、また事故を起こした場合、修理費用が出るケースと出ないケースがあります。後で後悔しないためにも自動車保険の内容をしっかりと把握しておきましょう。自動車保険には事故の加害者へのフォローのための保険と、自分や自分の家族と車への損害に備えるための車両保険があります。車への損害は事故や盗難、災害による被害など多岐にわたるのが特徴です。車への損害が発生した場合、車の損害をカバーする車両保険でないと修理代が出ないことがあります。また車両保険の保険料は、保障範囲の広さによって異なるのがポイントです。保障範囲を事故だけに限定することで保険料を安くすることもできます。

ただし、その場合には盗難や災害による損害には修理代が出ないため注意が必要です。

車両保険込みの自動車保険の選び方

車両保険込みの自動車保険を選択する際には、保障範囲を重視しましょう。契約した自動車への損害をすべてカバーした場合には一般タイプの車両保険が適しています。一般タイプであれば単独事故でも当て逃げでも保障範囲内になるため安心です。例えば毎日の通勤に自動車を使用している人は、事故のリスクが高いため一般タイプがマッチします。これに対して自分の運転に自信があったり、あまり運転する機会がないので最低限の保障で良かったりする場合には限定タイプが向いています。限定タイプは保障内容を自分で組み合わせることが可能なプランも人気です。

盗難や落書きなどのいたずらの被害だけ保障してもらいたいなど、自分の感じている不安な部分だけをカバーしてもらえるので便利です。