自分だけはなく家族も必要!家族限定の自動車保険

自動車保険「家族限定」の家族の範囲とは

自動車保険の種類は、契約者本人に限られる「本人限定」、運転者を限定しない「限定なし」、契約者の家族も含まれる「家族限定」、契約者とその配偶者に限られる「配偶者限定」といった4種類があります。そこで「家族限定」の家族とはどこまでが含まれるのかというと、契約者の法律上で婚姻関係または内縁関係にある妻や夫、一つの建物に同居している親族、契約者の同居の子供、もしくは別居している未婚の子供が含まれます。

親族の範囲は非常に広く、契約者にとって6等身以内の血族と、3等身以内の婚族のことを指します。これは一つの建物に同居していることが条件になるので、同じ敷地内でも違う建物に住んでいる場合は対象外になります。この親族の定義は保険会社によって異なる場合があるので、事前に問い合わせしておくと安心です。

自動車保険「家族限定」のメリットデメリット

自動車保険の「家族限定」にはメリットデメリットがあります。まずメリットですが、誰でも運転できる「限定なし」の場合よりも保険料を安く抑えることができるといったことが挙げられます。それは誰でも運転できるというのは、補償対象の車の利用頻度が多くなったり走行距離が長くなったりすることで、どうしても事故のリスクが上がると考えられているからです。しかし契約者の配偶者や子供などといった、親族だけに限定することで事故のリスクが低くなると想定されているため、保険料が安くなるといったことがあります。

一方デメリットですが、二世帯住宅に住んでいる場合は、保険会社によって定義が曖昧なところです。二世帯住宅でも玄関が同じであれば同居とみなす、キッチンなどの水回りが別であれば別居といった感じで、保険会社によって対応が異なります。申し込む前に、しっかり保険会社に確認することをおすすめします。