補償額は十分?無制限の自動車保険を選ぼう

自動車保険の種類と必要性

自動車のオーナーは、車検時に自賠責保険への加入が義務付けられています。自賠責保険は、事故を起こして他人を死傷させた場合に賠償するための保険です。ただし、その賠償金の上限が低く、重大事故に対応できないことも少なくありません。そこで、民間企業の任意保険に加入する必要があります。任意保険には対人・対物賠償保険のほか、搭乗者傷害保険や車両保険など様々な種類があり、加入者は自由に選択できるのです。搭乗者傷害保険や車両保険は、事故の相手が無保険車で賠償を受けられない時も、代わりに補償してくれる保険です。

任意保険に加入すれば、事故の加害者となった際に、保険会社が被害者との示談交渉を代行してくれるサービスも提供されており、加入者は安心して運転できるでしょう。

上限が無制限の賠償保険とは?

事故の相手から請求される賠償金の額は、特に死亡させた場合などに高額となることが少なくありません。そこで、対人賠償の上限額はできるだけ高く設定されていることが望ましいでしょう。実際に、ほとんどの任意保険では、対人賠償金の上限を無制限に設定しています。また、対物賠償についても、高級車や高額の公共物を損壊した場合に備えて、上限額を無制限としている任意保険が大半と言えるでしょう。車の運転者は、少なくとも対人・対物賠償保険に関して、賠償額の上限が無制限の商品を選ぶことが必要です。

その他の賠償保険についても無制限が望ましいと考える人もいるかもしれません。しかし、搭乗者傷害保険や車両保険のほか、携行品補償や日常事故賠償特約など、対人・対物賠償保険以外の任意保険に関しては、上限が無制限という商品はほとんどありません。